検索窓を閉じる
ハンバーガーメニュー
閉じる

大成株式会社とAnacle Systems Ltd 戦略的パートナーシップを締結

シンガポール発のIT企業と連携!「施設管理×DX」で業界に新たな変化を

大成株式会社とAnacle Systems Ltd 戦略的パートナーシップを締結

2024年3月19日
大成株式会社
プレスリリース資料picture_as_pdf

大成株式会社(本社:名古屋市中区栄、代表取締役社長:加藤 憲博)は、Anacle Systems Ltd(本社:シンガポール、代表:Alex Lau)と事業提携を締結しました。

本事業提携を記念して、3月19日(火)にTIAD(愛知県名古屋市)にて記者発表会を執り行いました。本発表会では、大成株式会社代表取締役社長CEO加藤憲博と Anacle CEO Alex Lau が参加し、両社の連携による今後の展望を語りました。加藤憲博からは、本業務提携について「Anacleのデジタル技術と大成の技術を融合させて新しいファシリティマネジメントの風を吹かせたい。」とコメントがありました。Alex氏からは「日本には様々な形態の建物がある。このパートナーシップをきっかけに日本の施設管理でAnacle社の技術が少しでも役に立てたら嬉しい。」とコメントがありました。

◆本リリースのポイント

・大成株式会社とAnacle Systems Ltdが事業提携を締結。それに伴い記者会見を3月19日(火)にTIADにて記者発表会も実施しました。
・シンガポール発の不動産システムが日本初上陸し、Anacle社 が提供する主力製品「Simplicity®」の日本版へのローカライズ及び販売サポートを大成が行います。
・IoTデバイス・ロボティクス・アプリケーションなどの新たなテクノロジーを活用し、施設管理分野におけるデジタル化の推進で「施設管理×DX」で業界に新たな変化を起こします。

◆事業提携の背景

ビルメンテナンス市場(清掃・警備・設備)は慢性的に人手不足の状況にあり、約8割のビルメンテナンス会社が人手不足に悩まされています。実際に、清掃業・警備業の有効求人倍率は毎年高くなっている現状です。しかし、オフィスビル市場の動向を踏まえると大規模ビルの供給量は増加しており、大規模施設に対する管理が重要な割合を占めています。Anacle社のシステムソリューションを活用することで、省人化・業務効率化を図り、日本における大規模ビルをターゲットとする市場を拡大していく狙いがあります。

◆事業提携の主な内容

①Anacleが提供する不動産システム「Simplicity®」のローカライズ及び日本版の構築と販売サポートを大成が行います。
②ファシリティマネジメント(施設管理)分野において大成の管理ノウハウを取り込み、新しいシステムの構築・提供を行います。

「Simplicity®」は既にチャンギ空港や大手ショッピングモール、住宅など幅広い施設での実績があります。大成は、日本で既に中小規模施設をターゲットとして取り組んでいるデジタル化やIoTセンサーに加え、Anacle社と協業することにより更なる施設管理のDX化に取り組んでまいります。

【Anacle Systems Ltd CEO Alex Lau コメント】

シンガポールは(日本より)規模が小さく、労働力に限りがあるためデジタルソリューションが進んでいます。近年はシステムも多様化し、コスト効率も上がっていると感じています。そんな中、日本の施設管理市場はシンガポールの15倍であり、今回の大成株式会社とのパートナーシップは当社にとってもチャンスと捉えています。当社のシステムは、様々な施設に対応可能です。日本の施設管理について学びながら、施設管理のDX化に貢献できればと考えています。

【大成株式会社 代表取締役社長CEO 加藤憲博 コメント】

今まで、当社はあらゆる形態の施設管理を行ってまいりました。シンガポールの先端技術は日本より進んでいます。Anacle社は、主に東南アジアでのシステム導入実績が多くシステムに関する知見は豊富です。当社は、現在も中小規模のビルをターゲットとした情報プラットフォーム「T-Spider」や警備ロボット「ugo」などの開発・販売を行っておりますが、今後はAnacle社と連携し、大規模ビルをターゲットとするシステムの開発にも取り組んでまいります。パートナーシップを組むことでファシリティマネジメント業界に新たな風を吹かせます。

◆Anacle Systems Ltd 概要

Anacle Systems Ltdは、アジア太平洋地域有数の不動産ソフトウェア・サプライヤーです。提供する主力製品である「Simplicity®」は、不動産の総合的なポートフォリオを管理するためのソフトウェアであり、アセットマネジメント、会計、テナントリーシング、エネルギー管理、ファシリティマネジメントまであらゆる不動産において幅広く活用できる機能を備えています。また、IoT・ロボティクスと連携させることで不動産マネジメントをデジタル化・自動化させた新たな仕組みを実現することを得意としております。

所在地 :3 Fusionopolis Wy, #14-21 Symbiosis, シンガポール 138633
設 立 :2006年
代 表 :Alex Lau
URL :https://anacle.com/

◆大成株式会社 概要

大成株式会社は、創業65年を迎えたファシリティマネジメント会社で、清掃・設備管理・警備などのメンテナンスからプロパティマネジメント、さらには修繕工事や改修工事などの建築業務や受付業務までをワンストップで提供し幅広く事業を拡大してまいりました。長年培われた総合的なファシリティ管理のノウハウを通じて、近年は日本にとどまらず海外事業及び、AIやロボティクスを活用した先進的な取り組みを積極的に展開しております。

所在地:名古屋市中区栄3-31-12
設 立:1959年
代 表:加藤 憲博
URL:https://www.taisei-bm.co.jp/

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

組織変更および取締役管掌変更ならびに執行役員の選任のお知らせ

2024年2月20日
大成株式会社
プレスリリース資料picture_as_pdf

 この度、一層の経営基盤の強化と業務運営の効率化を図るため、2024年4月1日付で下記のとおり組織変更を行いますのでご案内申し上げます。

 また、2024年2月20日開催の取締役会において、4月1日付実施予定の取締役管掌変更および執行役員の選任が決議されましたのでお知らせいたします。

詳しくは下記プレスリリースをご覧ください。

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

株式会社フォーエスの株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ

株式会社フォーエスの株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ

2023年9月28日
大成株式会社
ニュースリリース資料picture_as_pdf

大成株式会社は、株式会社フォーエス(本社:東京都港区 代表取締役社長:内田 修一 以下、フォーエス)の全株式を取得し、完全子会社といたしましたので、お知らせします。

1.株式取得の理由

当社は、前中期経営計画にて掲げた成長戦略の一つである「第2・第3の事業の柱の立ち上げ」を今期より開始しました第8次中期経営計画においても継続して取り組み、特に建築・不動産分野において内部組織の充実化とM&Aによる事業拡大を図っています。今回のフォーエス株式会社の全株式取得は、このような戦略のもと推進したものでございます。

フォーエスは1986年設立して以降、主にオフィスビル・店舗内装工事の施工管理業を運営する企業であり、高品質で安定した施工や徹底した安全管理によりお客様と30年以上の継続した取引実績を有しています。 当社によるフォーエスのグループ化によってオフィス内装工事からメンテナンスまでを一気通貫で行える体制構築や内装工事の事業規模拡大を図ることで、当社企業価値のさらなる向上に資すると判断するに至りました。今後、両社の強みを相互に活用するグループ一体経営により、事業収益力の更なる拡大を目指します。

2.株式取得の概要

フォーエスの株主より、2023年9月28日付にて全株式を取得し、当社の完全子会社といたしました。

3.株式会社フォーエスの概要

(1) 社名 株式会社フォーエス
(2) 所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目5番1号 第37森ビル12F
(3) 設立年月日 1986年1月7日
(4) 資本金 4千万円
(5) 従業員数 14人(2023年9月現在)
(6) 役員 代表取締役社長   松平 浩
取締役       田脇 寿夫
取締役       内田 修一
取締役       葛谷 悦敏
監査役       田島 勝
(7) 東京都知事許可 (般-1) 第84206号
(8) 事業内容 オフィスビル・店舗内装工事の施工管理業務
(9) 公式HP https://www.4-s.co.jp/

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

大成株式会社 新社長就任のお知らせ

「変化の先駆けとなる会社」を目指し、事業成長を加速

大成株式会社 新社長就任のお知らせ

2023年6月27日
大成株式会社
プレスリリース資料picture_as_pdf

大成株式会社(本社:名古屋市中区)は、2023年6月27日付けをもちまして、加藤 憲博(かとう のりひろ)が代表取締役社長兼CEOに就任いたしましたのでここにご報告申し上げます。 また、代表取締役社長を務めてまいりました加藤憲司(かとう けんじ)は代表取締役会長に就任いたしましたので、あわせてご報告申し上げます。

【加藤憲博 プロフィール】

氏名:加藤 憲博(かとう のりひろ)/大成株式会社代表取締役社長兼CEO
生年月日:1980年12月27日生(42歳)

<略歴>
2012年 大成株式会社入社
2013年 執行役員就任 営業統括部長
2014年 執行役員就任 東京支店副支店長
2015年 取締役就任 経営企画本部本部長
2017年 専務取締役就任 経営企画本部本部長
2019年 代表取締役専務就任 経営企画本部本部長
2021年 代表取締役副社長執行役員就任
2023年 代表取締役社長 CEO 就任

【代表取締役社長 加藤憲博 コメント】

大成は、1959 年の設立以来、清掃、警備、設備管理を中心としたビルメンテナンス業から、ホテル客室清掃、リニューアル工事、不動産事業が加わり、ファシリティマネジメント会社として成長してまいりました。先が読みにくい時代がつづき、事業環境も大きく変化する中、 第8次中期経営計画がスタートいたしました。「サービスをデザインすることで、社会に“喜びと感動”を提供します」というミッション(経営理念)のもと、特に「DXの推進」「人的資本経営」「環境経営」の3つを重点課題と捉え、これまでの価値観がめまぐるしく変わる時代の転換期において、大成は「変化に対応できる会社」ではなく、「変化の先駆けとなる会社」を目指して、一歩一歩着実に歩みを進めていきます。

【新体制について】

<取締役>

加藤 憲司  代表取締役会長
加藤 憲博  代表取締役社長 CEO
佐々木 功  取締役 常務執行役員
池口 茂   取締役 常務執行役員
加藤 千加良 取締役 執行役員
永田 惠三  取締役 執行役員

<監査役>

髙井 幸治 監査役
田島 勝  監査役

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

組織変更および執行役員の選任ならびに取締役管掌変更のお知らせ

2023年3月29日
大成株式会社
ニュースリリース資料picture_as_pdf

 この度、一層の経営基盤の強化と業務運営の効率化を図るため、2023年4月1日付で下記のとおり組織変更を行いますのでご案内申し上げます。

 また、2023年3月28日開催の取締役会において、4月1日付実施予定の執行役員の選任ならびに取締役管掌変更が決議されましたのでお知らせいたします。

詳しくは下記プレスリリースをご覧ください。

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

どうやって進めたらいいの?ダイバーシティ経営のイロハ

SDGs実現に向けた当社の取り組みを紹介する「TAISEI ACTION! SDGs」サイトに新しい記事が配信されております。 下記から是非ご覧ください。

「TAISEI ACTION! SDGs」 https://taisei-sdgs.com/

【配信コンテンツ】

どうやって進めたらいいの?ダイバーシティ経営のイロハ

  →大成が目指すのは国籍やジェンダー、障害などにとらわれず、誰もが活躍できるダイバーシティ化です。その実現に向け、多様な人材の能力を引き出し、最大限に活かすための取り組みを展開しています。本記事ではダイバーシティ経営が失敗する要因について紹介し、具体的にすべきポイントについて紹介しました。

大成株式会社は、今後もサステナビリティに関するさらなる取り組みと情報発信に努め、様々なパートナーと連携・協力しながら持続可能な社会の実現に向け取り組んでまいります。

関連リリース:「SDGsメディアサイト「TAISEI ACTION! SDGs」を開設しました」
(URL:https://www.taisei-bm.co.jp/topics/3144/)

【本件に関するお問い合わせ先】

会社名 大成株式会社
担当窓口 酒井・内山(企画部)
電話番号 052-242-3218(広報担当)
E-mail info@taisei-bm.co.jp

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

小芝風花さん出演 新CM「じゆうな発想 T-Spider」篇が12月26日(月)より放映開始!

小芝風花さんわくわくする未来の話に終始感動体験!
新CM「じゆうな発想 T-Spider」篇が12月26日(月)より放映開始!

2022年12月21日
大成株式会社
プレスリリース資料picture_as_pdf

昨年の11月から「大成株式会社」のCMキャラクターを務める女優の小芝風花さんが第3弾『じゆうな発想 T-Spider』篇に出演。実際の当社が出展した展示会場に来場し、撮影を行いました。

今回のCMでは、小芝さんのクモの帽子をかぶった可愛らしい姿と、実際の副社長との共演に注目です。

【CMストーリー】

休日、展示会場にやってきた小芝さんと友人。そこで、前回のCMで共演した大成社員・片井一郎に出会います。大成の展示ブースで「T-Spider」についてカタい説明をする片井。そこに、大成の副社長(本人)が登場。驚く小芝さんと友人。 副社長がある提案をし、「T-Spider」(クモ)の着ぐるみで再登場する片井。副社長をはじめ、他の大成社員もクモの帽子をかぶります。「T-Spider」をクモに例え、大きなクモの巣を広げ、副社長から分かりやすく説明を受ける小芝さん。 小芝さんは「やっぱり、頭の中はじゆうなんだ・・・!」と感銘を受け一緒に帽子をかぶり、最後はみんなで団扇を仰いで片井を労います。

↓是非新CMをご覧下さい↓

「じゆうな発想 T-Spider」篇 60秒Ver.

30秒Ver.

15秒Ver.

メイキングムービー&インタビュー

【小芝風花さんCM撮影後コメント】

Q.今回、3回目のCM撮影ですが、いかがでしたか?

小芝さん:今回も楽しく撮影させていただきました。進化している大成さんを近くで感じさせていただいて、わくわくする未来の話がたくさん聞けて、T-spiderの説明だったり、懐かしのugoくんもいたりして、すごく素敵なブースで感動しました。

Q.撮影で印象に残っていること・ugoくんの印象は?

小芝さん:今回のCMで大成の副社長さんもご出演してくださるということで、初共演ですごく楽しみにしていたんですけど、お芝居もとても上手でビックリしました! ugoくんは最初のCMですごくお世話になったロボットなので、久しぶりに会ったペットみたいでちょっと愛着が湧きました。

Q.小芝さんが、実現したらいいなと思う未来、大成さんに実現してほしい未来は?

小芝さん:大成さんは、私の想像を超える取り組みをされているので、次にどんなどきどきわくわくを見せてもらえるのか楽しみです。

Q.蜘蛛の帽子は、今回新しく作ったそうですがいかがですか?

小芝さん:かわいかったです!あんな可愛らしいとは思っていなかったので、かぶれて嬉しいです。

Q.今年一年を振り返って

小芝さん:すごく充実した一年で、でも忙しい時とゆったりした時期って、波がすごくあって、休みが来ると気が緩んじゃって、「あっこんなに疲労が溜まってたんだ」って気づくことが多かったんです。なので、体調管理とか、息の抜き方とかもうちょっと自分なりに研究して、健康第一でお仕事を頑張りたいなって思った年ですね。

【小芝風花さんプロフィール】

小芝風花(コシバフウカ)女優。1997年4月16日生まれ。大阪府出身。A 型。2011年11月、『ガールズオーディション2011』でグランプリを獲得。14年3月、映画『魔女の宅急便』で主演を務め、同作で『第57回ブルーリボン賞』の新人賞を受賞。現在放送中の日本テレビ日曜ドラマ『invert 城塚翡翠 倒叙 集』が12月25日に最終回を迎える。待機作品に、NHK4Kドラマ『天使の耳~交通警察の夜』、映画『レディ加賀』がある。

【大成株式会社が展開する「T-Spider」とは】

「T-Spider」は、幅広い業務を統合・管理できる情報プラットフォームです。警備ロボット、監視カメラ、デジタルサイネージ、IoT機器を連携し、施設の規模や用途に応じた適切なシステムで、お客様が求めるサービスをワンストップで提供いたします。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

「あいち女性輝きカンパニー」に認証されました!

「あいち女性輝きカンパニー」に認証されました!

大成株式会社は、女性の活躍に積極的に取り組んでいる企業として 令和4年11月1日に愛知県より「あいち女性輝きカンパニー」に認証されました。

こちらからご確認いただけます

あいち女性輝きカンパニー認証制度とは

女性のさらなる活躍に向け、トップの意思表明や採用拡大、職域拡大、育成、管理職登用のほか、ワークライフバランスの推進や働きながら育児・介護ができる環境づくりなどの取組を行っている企業等を愛知県が認証する制度です。

当社ではダイバーシティポリシーを制定し、働き方改革・意識改革等に取り組んでいます。 女性を含むすべての社員が活き活きと働ける環境づくりを今後も継続的に進めてまいります。

関連記事

“ジェンダー平等”な職場を目指して! 現役女性社員がホンネでトーク。「私の大成story」Vol.1

     

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

執行役員および部長以上の人事異動ならびに取締役管掌変更のお知らせ

2022年3月25日
大成株式会社
ニュースリリース資料picture_as_pdf

当社は、2022年3月25日開催の取締役会において、4月1日付実施予定の執行役員および部長以上の人事異動ならびに取締役管掌変更が決議されましたのでお知らせいたします。

詳細につきましては、添付ニュースリリース資料をご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

会社名 大成株式会社
代表者名 代表取締役社長 加藤憲司
問い合わせ 取締役常務執行役員 経営企画ユニット長 佐々木功
電話 052-242-3218

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

組織変更のお知らせ

2022年3月3日
大成株式会社
ニュースリリース資料picture_as_pdf

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社は2022年3月2日開催の取締役会において、4月1日付実施予定の組織変更が決議されましたのでお知らせいたします。

詳細な組織図については下記プレスリリースをご覧ください。

本件に関する問い合わせ先

会社名 大成株式会社
代表者名 代表取締役社長 加藤憲司
問い合わせ 取締役常務執行役員 経営企画ユニット長 佐々木功
電話 052-242-3218

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

株式会社アイ・ケイ・ケイとの合併ならびに株式会社ミラの子会社化について

株式会社アイ・ケイ・ケイとの合併ならびに株式会社ミラの子会社化について

2022年1月5日
大成株式会社
ニュースリリース資料picture_as_pdf

 大成株式会社は、MBO(マネジメント・バイアウト)の一環として行われた公開買付により、買付者である株式会社アイ・ケイ・ケイと2022年1月1日をもちまして合併いたしました。(大成株式会社を存続会社とする吸収合併)

 また本合併に伴い、同日付けにて株式会社アイ・ケイ・ケイの子会社であった株式会社ミラが新たに当社の子会社となりましたので、お知らせいたします。

【子会社の概要】

(1) 商号 株式会社ミラ
(2) 代表者 代表取締役社長 川原菊臣
(3) 本社所在地 東京都千代田区麹町三丁目7番7号 セット東京ビル
(4) 設立年月 2011年6月14日
(5) 事業内容 1.スマートデバイス向けソフトウェアおよびハードウェアの企画・開発・販売・運営
2.デジタルコンテンツの企画・開発・販売・運営
3.上記各号に附帯関連する一切の事業
(6) 株主及び持株比率 大成株式会社 100.0%

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。

大成株式会社「SDGs宣言」を発表いたしました。

大成株式会社「SDGs宣言」を発表いたしました。

2021年7月15日
大成株式会社

大成株式会社は、国連が提唱するSDGs(​持続可能な開発目標)の趣旨に賛同し、重点項目を主体的に取り組むことで、持続的成長の実現を目指してまいります。

大成株式会社は、1959年の創業以来、総合ビルメンテナンス事業を通して雇用機会の創出や建物機能の向上を図り、社会に貢献してきました。第7次中期経営計画(2020~2022年度)では「Ready for Change-変革への備え-」をスローガンに「持続可能な開発目標(SDGs)」を中核とした新たなSDGsポリシー「ファシリティマネジメント事業を通じて、環境と働き方改革に配慮した社会の実現の一端を担います」を掲げました。このポリシーの下、ステークホルダーとのパートナーシップを形成し、クリーンな水、ハイブリッドな社会、フレッシュな空気をテーマとするサスティナブルな街づくりをめざした活動を推進していきます。

私たちが取り組むこと①

・洗剤使用量2026年に2021年比50%削減

業務企画

「なぜ取り組むのか・なにを目指すのか」

クリーンな水
“変わらぬ日常から地球をキレイに”

大成の主要業務であるクリーン業務はたくさんの洗剤を使用します。私たちが洗剤の使用量を減らした清掃を実現することで、排水による環境負荷を低減でき、これらは毎日行うことなので大きな効果が得られます。ベンチャー企業と連携し、汚れを落とせる水の開発に挑戦していきます。より少ない洗剤で汚れを落とす環境に配慮した清掃手法を実践していきます。

 

私たちが取り組むこと②

・警備アバターロボット「ugo」、次世代受付システム「T-Concierge」2026年までに500台
・「T-Spider」、センサー導入件数2024年までに管理物件の30%へ展開

業務企画

「なぜ取り組むのか・なにを目指すのか」

ハイブリッド(ヒト×IoT)な社会
 “人と寄り添う先端技術”

少子高齢化に伴う働き手不足が加速しています。ビルサービスは社会インフラの維持に不可欠です。現在の労働集約型の業務スタイルから脱却し、人と先端技術のハイブリッド管理で品質向上、コスト低減を実現していかなければなりません。私たちは築いたビルサービスの知識、経験を活用し、IoTやロボティクスなど先端技術の開発企業とパートナーシップを組み、警備アバターロボット「ugo」ならびに情報プラットフォーム「T-Spider」を提供します。

  

私たちが取り組むこと③

・「furniTure」を中心としたオフィス環境づくりを2026年までに10件
・早生桐苗を2026年までに4ha、2400本植林

業務企画

「なぜ取り組むのか・なにを目指すのか」

フレッシュなオフィス空間
 “グリーンからクリーンへ”

ビルやオフィスでは樹脂や金属などによるインテリア、空間づくりが一般的ですが、私たちは木材と紙を主材料にしたオフィス家具シリーズ「furniTure」を開発。材料となる早生桐はCO2の吸収量が他木の10倍もあり、通常の桐は20年程度で成木になりますが、早生桐は4~5年で丈夫な成木になります。大成では桐の植林、育成から手掛け、オフィス空間の改革をめざします。

私たちが取り組むこと④

・ニューノーマルライフを実現する山林開発(エコトピア)
・エコトピアで2050年までに食物、エネルギーの自給自足率100%

業務企画

「なぜ取り組むのか・なにを目指すのか」

サスティナブルな街づくりへ
 “大成の集大成 エコトピア”

これまでの3つの取り組みの最終形として、大成ではエコトピアの創生をめざしています。さまざまなパートナーと協業し、山林を開発、農地やログハウス、太陽光発電設備などのインフラを整備し、さらに、リモートワークが行える情報通信環境も整えた、非日常空間型エコタウンをアウトプットとして生み出し、SDGsのその先をめざした新しい暮らし方の提案をしていきます。

 

詳しくは下記ページをご覧ください。(※企業情報からも閲覧可能です。)

お問い合せはこちらから

お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

ダウンロードしてください。