検索窓を閉じる
ハンバーガーメニュー
閉じる

警備ロボット ugo TSシリーズ

警備ロボット ugo TSシリーズ

ロボットにできることは、ロボットに。
人とロボットによるハイブリッド警備。

警備ロボット「ugo」は、現場の警備員と連携して立哨・巡回などの業務を担当。警備中は画像データを記録し、T-Spiderを通じて確認することが可能です。警備業務に機能を特化することで導入コストを抑えています。人とアバター警備ロボットugoが連携して、立哨や巡回業務を一緒に行い、ビルの安全を見守る。ロボットと警備員のそれぞれの特性を活かしたハイブリッド警備を行います。

特徴は、2本のアームを備えていること。カメラを使った監視や警備だけでなく、アームを使ってモノをつかんだり、エレベーターの呼び出しができます。そのため、上下階への移動も可能です。声掛けや会話は、防災センター内の警備員がugoを通じて行います。

▼警備員一人のコスト = ugo2体のコスト

これまで人が行っていたことで、ロボットなどの最新技術で置き換え可能なところは積極的に置き換えていく。コストを抑えながらも、新しいシステムで質の高いソリューションを提供します。

※東京での実証実験の概算であり、実際の導入時のコストとは異なる場合があります。

▼「ugo」の特徴

特徴01「存在感」

立哨においては、「おはようございます」などの声掛けも可能。また、顔ディスプレイに「警備中」などの文字を表示させたり、敬礼などのアーム動作も可能です。監視カメラとは異なり、ロボットならではの存在感があります。

特徴02「状況確認と会話」

ugoのカメラを通して状況の確認ができるのはもちろん、マイクとスピーカーを利用して防災センター内の警備員からの声掛けや会話も可能です。立哨をugoと警備員で連携し、警備業務の効率化を図ります。

特徴03「上下階への移動」

アームを利用してボタンを押し、エレベーターに乗る動作を自律的に行うことが可能です。特別なセンサーなどをエレベーターに装備しなくても、上下階へ移動して巡回を行うことができます。

特徴04「AI学習機能」

AIによる学習機能により、同じ条件下であれば作業を習得し、自動モードで巡回などの業務を行えるようになります。警備員の身体的負担を軽減し、役割分担することで警備の強化につなげていきます。

特徴05「コロナ禍の対応」

パンデミックなど予想もしない事態に直面した時にも警備業務はエッセンシャルワーカーとしての役割を求められます。警備員とugoが連携することで、対面対応などのリスクを減らし、警備業務を継続できます。

▼「ugo」の紹介と導入企業様の声をお伝えいたします。

▼「ugo」×「T-Spider」を利用した警備DXソリューションを展開しております。

当社では、プラットフォーム「T-Spider」を利用し、情報の一元管理を行うことで、人と最新技術の強固で密接な連携によるファシリティマネジメントを提供しております。

また、ugoとの連携を行うことで、警備DXソリューションを可能としております。

↓詳しくはこちらから↓

お問い合せ・資料請求

お気軽にご相談ください。