検索窓を閉じる
ハンバーガーメニュー
閉じる

蓄える、という新発想。 バッテリー搭載型家具「LOOPLINE T1」提供開始

蓄える、という新発想。 バッテリー搭載型家具「LOOPLINE T1」提供開始

2019年6月10日
大成株式会社
ニュースリリース資料picture_as_pdf

大成株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、社長加藤憲司)と株式会社デザインオフィスライン(本社:東京都渋谷区神宮前3丁目32-10、社長宮内翔)はサステイナブルな内装家具をコンセプトとしたブランド「LOOPLINE(ループライン)」を立ち上げます。
プロジェクト第一弾は、バッテリー搭載型のデスク「LOOPLINE T1(ループラインティーワン)」。2019年6月10日(月)より販売開始致します。本製品は、デザインオフィスラインが提供する紙製のオフィスデスク(紙庵)に室内用ソーラーパネルを搭載し、室内のLED照明・蛍光灯の微量の光でも発電を可能とします。また、デスク内部にバッテリーを搭載することで、様々な環境下においてもデスクから電力の供給を可能とします。

LOOPLINET1とは

LOOPLINE T1(ループラインティーワン)

サステイナブルをキーワードとしたブランド「LOOPLINE」が考えるオフィス用デスク。デスク天板に、リコー社製色素増感太陽電池を48枚搭載することで、LED照明や蛍光灯等の室内光量においても充電を可能とします。デスク引き出し内部には、持ち運びが可能なバッテリーを搭載。側面にあるAC電源プラグ(計8口)やUSBポート(TypeA,TypeC)から、通常時はパソコンやスマートフォンに対して電力を供給します。
また、災害時等の電気が使えない環境下でも、デスクそのものから電力を供給したり、内部にあるバッテリーを取り外し持ち運ぶことにより様々なシーンで活躍できます。デスクそのものの芯材も紙製で、環境に配慮(ECO)しており、電力のマネジメントや室内ソーラーによるエネルギー変換までを考慮した循環型のハイブリッドなオフィス家具として国内及び国際特許出願中です。

本件に関する問い合わせ先

連絡先 大成株式会社 経営企画本部
担当窓口 鵜飼(名古屋)・加藤/黄(コウ)(東京)
電話 (名古屋)052-242-3218(東京)03-6457-8051
メール loopline@taisei-bm.co.jp

お問い合せ・資料請求

お気軽にご相談ください。