検索窓を閉じる
ハンバーガーメニュー
閉じる

新型コロナウイルス ワクチン職域接種実施について

新型コロナウイルス ワクチン職域接種実施について

新型コロナウイルスワクチン職域接種実施について

2021年6月22日
大成株式会社
プレスリリース資料picture_as_pdf

 総合ビルメンテナンス会社である大成株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:加藤憲司)では、当社に勤務する従業員(子会社含む)を対象に、政府方針に沿った新型コロナウイルスワクチン職域接種を実施いたします。自治体とも連携のうえ、国へ申請を行い、ワクチンや必要機材等が届き次第、速やかに接種が開始できるよう準備を進めてまいります。

 今回の取り組みによって、ワクチン接種に関する地域の負担軽減と接種の加速化を図ることで、新型コロナウイルス感染症の早期終息と社会経済活動の回復に貢献してまいります。

【概要】

開始日:準備が整い次第、速やかに開始予定(2021年7月上旬および8月上旬の2回を予定)
場所(会場):大成株式会社 本社(名古屋市中区)、大成株式会社 東京本社(東京都千代田区)
対象者:大成株式会社に勤務する従業員(子会社含む)および関係者
対象者数:接種を希望する従業員約2,400名を想定
予約管理:予約管理アプリシステムの導入を検討

今後も従業員が安心して働ける職場環境を整備するとともに、新型コロナウイルス感染症の収束に貢献できるように感染拡大防止対策に引き続き取り組んでまいります 。

詳しくは下記プレスリリースをご覧ください。

お問い合せ・資料請求

お気軽にご相談ください。